読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コトリカタリ

オットさんとオリさんとコトリの物語 一汁一菜の目覚め

自己紹介オリさん編

こんにちは。オリさん(妻)です。

初デートで、オットさん(夫)が「ビビビッ!」を感じ結婚。 結婚を機に妊活でも始めようかと、避妊をやめた途端、 これまた「ビビビッ!!」とコトリさん(おなかの赤ちゃん)がやって来てくれました。

お互い35over の私たち夫婦にとっては、本当に奇跡のような宝物。

オリさんひとり、街のど真ん中、妊婦生活まっただ中です。 (オットさんはのどかーな場所で生活中)

オットさんが薦めてくれた、『川上未映子著:きみは赤ちゃん』を二人して読み込んでいたおかげで、壮絶なつわり生活を覚悟していたのですが、 実際のつわり期は「とにかく眠たい!!」だけであっけなく過ぎ去り、こんなもんか~と思っていた矢先・・・

”風邪” ひきました。風邪です、たかが風邪! お薬が飲めない今、この ”風邪” がこんなにツラいものだったとは・・・。 (ツラすぎて産婦人科にかかったところ、おこちゃま時代に飲んだような、懐かしい咳止めシロップしかもらえませんでした。喉が痛いんじゃ~!!) 妊娠中は免疫が低下するといいますが、しみじみ実感。 発症から早18日、完治はまだのようです・・・。

とはいいつつ、ここ2・3日は高温期も脱出したようで、体温が目に見えて下がってきました。 と同時に、急におなかが大きくなってきたような! オットさんとはしばらく会えていないので、これ見たらびっくりするかなー。 ということで、今週末はオットさんとの3週間ぶりのデートなので、ワクワクのオリさんなのでした。

ではまた~。

川上未映子著:きみは赤ちゃん』(文藝春秋) この本おすすめです。男性にもぜひ読んでいただきたい一冊。

ORI